2011/04/15 【Fri】

長文近況で、ちょっとぶっちゃけてみる。

ポッカリ時間が空いたので、長文いきます!

まず、お知らせ。
先月アップした描き下ろし単行本は、結局、秋に発売することとなりました。
けっこう延びました。紙不足という理由だけでなく、
もともと冬に発売するもくろみだったこともあり、
内容が、これから暑くなっていく時期にはマッチしないので…
さらに、本の仕様も変えるそうです。

発売日など決定したら、またあらためてお知らせします。

     *

新作ネームは、雑誌連載をもくろんだ形で描いています。
シナリオをいただいて描いてるんですが、掲載確約ではありません。

**「そもそも話」挟みます。
そもそも、掲載確約があるというのはどんな場合か。

「何でもいいからウチで描いてもらえ」と編集部にいわれるマンガ家、
いわゆるビッグネーム、個人がブランドとして成立しているマンガ家は
確約がいつでもあるでしょうね。

また、編集部先導の企画とか、ベストセラー小説のマンガ化で、
「誰に描いてもらう?」「この人!」なんて
白羽の矢が立ったりしたら、確約ありでしょう。
描き下ろしなんかもココに入ります。
描いたら出るのは間違いないので、その点は安心なのはいいのですが
ぶっちゃけ、雑誌にくらべるとグーンとお安いのが残念な点です。

通常、自分のオリジナル作品を持ち込んだ場合はいうに及ばず、
シナリオをもらった場合でも、確約、なんてことはないです。僕の場合。
  だから逆に、「22ページあげるから、なんか描いて!」
  なんて言われると(めったにあることじゃないですが…)
  メッチャ舞い上がります。うお、オレ様ブランド!…ってね。
**「そもそも話」ここまで。

新作、面白いと思うので、なんとか連載をつかみたいですね。



シナリオをいただいて描く、ということについても少し。

「とうちゃんロボ」は、僕のオリジナル作品で、
「僕が僕であること」の喜びを感じながら、自由に描きました。

しかし、シナリオがあるとなると、僕の好き勝手には描けないワケです。
当たり前ですが。
かといって、シナリオに、作業としてただ絵を付けている、ワケではないです。
ネーム(絵コンテ)を描く、というのは、ただ絵を付ける作業ではありません。
ネームを描くことは、自分の中に、その物語を通すことです。
  最近、ネーム原作という形式の原作が結構あるようですが、
  それだって、作画のマンガ家がそのまま描いたりしてないですよね。
  マンガ家があらためて、自分のネームを描いている(ハズです)。
  その時に自分の中に、その物語を通すのです。
この、ネームを描いて自分の中に物語を通す、という行為が、
ん?逆か…?
自分の中に物語を通してネームを描く、という行為が、
実は、「マンガを描く」ってことじゃね?と思ってます。

そしてさらに、
シナリオがあれば、なんだって描ける、ワケじゃないんです。
僕もそれを「面白い」と感じなければ、描けないのです。
「面白い」と感じなければ、自分の中を通っていかないんです。
 …ああ、通るって表現、ちょっと抽象的だなぁ…


「僕が僕であること」は、ものすごく大事なんですが、
そればかりを大事にしすぎてしまうと
「僕だけが面白い!」ということになってしまいがちです。
僕だけが面白くても、それはけっこう寂しいのだ。と感じます。

じゃ、逆に
「僕は面白くないと感じるけど、君が面白いと思うならば…」はどうでしょ?

ダメですよね。
「君が面白いと思うならば…」の手応えはどこで得るのか。
「僕は面白くないと感じるけど…」という状態では、
ゼッタイに得られないと思います。


「僕は面白いと思うけど、君はどう?」
というところからしか、僕らは繋がれないのでは?
つまり、面白さを分け合う、シェアする。というやり方。

「僕も、君も面白い!」というのが理想型、目指すべきゴールだと思います。
 (この話、「この楽しさは、人に通じるのか?」と繋がってます。僕の中では。)


    *


先日のエントリ、「詰んでしまいそうだ」などと書いてしまいましたが
ぶっちゃけ(←2回目)、そろそろ経済的なピンチだということでございます。
「攻め」のほうは、新作ネームを連載化するぜ!ということなんですが
「守り」のほうもやります。節約なんてのはもう昔からやってます。
今回はちょっと大きめのモノを見直したりしていこうと思います。
生活変える、的な感じで。コレ詳細はナイショでご勘弁!ですが。
ガンバリます!

コメント
書き込みはこちらから。








管理人のみ閲覧OK(小泉のみが見ます)

ご訪問ありがとうなのだ。
踊るとうちゃんロボ
 
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ
ようこそ! このサイトは…
マンガ家、小泉ヤスヒロのブログです。
ホーム(タイトルページ)へはこちらから。
ホーム(タイトルページ)へ
小泉ヤスヒロ

小泉ヤスヒロ

マンガ家。
切り絵工作屋。
イラストレーター。
ママチャリ男。寄り道男。
少食デーブ男。ケータイなし。

カレンダー
<< 07月 201708 09月 >>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
各月にダイレクトジャンプ   
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2010年
----- 08月 09月 10月 11月 12月

すべてのログのタイトルを表示する。

最新コメント
カテゴリ
リンク
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ