2016/07/30 【Sat】

客観。(まとめ)

「『4つに割れ4つに割れ』って、このオッサンは何を言ってるんだ?」
というわけで、まとめます。


「客観的に見てみろッ!」とかいわれても、どうすればいい?

ホントに肉眼で、俯瞰で見れるものなら、見ればいいんです。

ところで、我々は「この世で一番、客観的なモノ」を知っている。
「それ」は皆、とても頻繁に利用し、恩恵を受けているモノだ。
このブログにも、「それ」についてのネタを、もうずいぶん前に書いてた

それは、「地図」です。
およそこの世で一番客観的なモノは、正確な地図なんじゃないか?

「客観的に見る」というのは「地図を見る」ようなことだ。


でも、
考え、概念といった肉眼では見えないものを、客観的に見るにはどうしたらいいの?

そんなときに「4つに割れ」ばいいのです。
隠されたモノも、似たようなモノも、反対のモノも、なにもかも「4つに割れ」!

「4つに割れ」というのは「地図を描く」ようなことだ。

4つに割った結果、見える景色は、ずいぶん見晴しがいいと思います。
僕は、とっても自由になった気がします。



かつて、「当事者であれ」を身上としていた僕は、いつしか当事者意識をこじらせ、
こうなった。

当事者として、何でも我が事のように考えることばかりしていると
誰の話にも感情移入するようになる。
「あいつが嘘つきなら、オレだってそうさ」
「あいつがクズなら、オレのほうがもっと…」
   ・
   ・
   ・
で、誰にでも、どの立場にも理解を示し、
結局、曖昧模糊、八方美人、立ち位置不明に陥ってしまう。

    (当事者と傍観者、ではなく…

この文を書きながら、我ながらちょっと不思議に感じたのは、
「当事者であることを強く意識すること」=「オレが!オレの!オレを!オレはッ!」
と、「オレオレうるさい人」になりそうなものなのに、
そうではなく「曖昧模糊、八方美人、立ち位置不明」になってしまう、という事実。

相手にも「当事者性」があって、それを理解しようと
そこに「自分の当事者性」を重ねてしまうってことかな。う〜ん………。

でも、逆に、自分をホントにちゃんと「客観視」できれば、
自分と他人の違いを、クッキリと見ることができるだろう。
「自分のスウィングを撮ったビデオを観るアマゴルファー」のごとく。
「客観視」のほうが「オレ」を実感できるという事実。これ面白いね。


さらに、こじれた当事者意識にはこんな症状が。

●感情過敏の「おセンチ」になっていた。
  「天使」は、僕の感傷が見たマボロシでした。「天使」は、居ませんでした。
  「天使」に見えた人は、クソのようなクズ野郎でした。

●「現状に納得いかない」というのは、卑怯な考えだと思っていた。
  「現状」は、当事者が招いた結果。だから受け入れなければならない。
   さらに、「現状」に意味を見い出さなければならない、と思っていました。

●「自分」をとても窮屈に感じていた。
  「自分なんて檻じゃね?」とは、まさにそういうことだろう。
   まさに「当事者の閉塞」!!

「天使と檻」から4年っスか。

「当事者の閉塞を、客観で打開しよう」
「4つに割る」ことで、窮屈な感じがずいぶん消えました。


『「客観」(まとめ)』のハズが、『「この数年間の僕」のまとめ』に
なってしまいました。まぁいいでしょう。


さて、
「客観ってなに?」の答え、辞書ではこんな↓感じ。
『当事者ではなく、第三者の立場から観察し、考えること。また、その考え。』
まぁ、そーですね。わざわざここに書くまでもないことか。


では、僕がここに書いてみるべき。と思うことは、こんな↓感じかな。

「客観」で得られるもの、「客観」側にいるもの、ナドナド
まとめて「客観チーム」として、書き連ねることにします。

「客観チーム」
  ウィニングイレブン。
  冷静。クール。「まぁ落ち着こうや」
  ありのまま。
  選択肢が増える。
  なにをするのも自由。
  ここじゃなくていい。どこへでも行ける。
  広がっていく。ズームアウト。
  ロングショット。状況説明。
  「自分と他人は違う」

ってことは、

「主観チーム」
  リベログランデ。
  激アツ。ホット。「気合い入れていくぜ!」
  思うまま。
  選択肢を絞り込む。選択する。
  これが私の生きる道。
  ここしかない。ここで生きる。
  集中する。ズームイン。
  アップショット。感情表現。
  「あいつだってオレと同じ」

ってことだ。

うむ。やっぱり「客観」と「主観」はセット、片寄っちゃダメだ。
どちらかに片寄ると、こじらせるよ〜。

「客観」と「主観」は、両輪なのだ。
というワケで、この両輪駆動で、新たなる出発ーーーッ!
コメント
書き込みはこちらから。








管理人のみ閲覧OK(小泉のみが見ます)

ご訪問ありがとうなのだ。
踊るとうちゃんロボ
 
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ
ようこそ! このサイトは…
マンガ家、小泉ヤスヒロのブログです。
ホーム(タイトルページ)へはこちらから。
ホーム(タイトルページ)へ
小泉ヤスヒロ

小泉ヤスヒロ

マンガ家。
切り絵工作屋。
イラストレーター。
ママチャリ男。寄り道男。
少食デーブ男。ケータイなし。

カレンダー
<< 07月 201708 09月 >>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
各月にダイレクトジャンプ   
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2010年
----- 08月 09月 10月 11月 12月

すべてのログのタイトルを表示する。

最新コメント
カテゴリ
リンク
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ