--/--/-- 【--】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/07/27 【Wed】

4つに割れ!(跳躍編)

「反対の物事というのは、どちらか一方しか選べない」

たとえば、「右」と「左」。観念的な意味ではなく文字通り、方向としての「左右」。
ある物体が「右」か「左」どちらに傾いているか、という質問なら
どちらかしかない。どっちにも同時に傾くことはできない。ま、あたりまえ。


あるいは、
「反対の物事というのは、反比例している」

反対の物事を、「A」と「B 」としたら
 Aが80%ならBは20%
 Aが40%ならBは60%
というように、Aが増えればBは減る。綱引きのように反比例している。と。

あ、ここでいう反比例ってのは、あくまで国語的な表現っス。
Aが増えればBは減る、A+B=100 つまり A=-B+100
この式は算数的には「係数が負の1次関数」っスね。
でも、「反対の物事というのは、係数が負の1次関数だ」
とかいっても分かりにくいっスよね。だからここは国語的に「反比例」で。

「反対の物事というのは、反比例している」
いいかえれば、
「反対の物事というのは、混ぜることができる。その比率は綱引き的だ」
よーするに「中間」があるってことです。

たとえば「白」と「黒」。これは色の話でも比喩の話でも成立する。
「白80%黒20%の灰色」
「あいつの行為は限りなくクロに近いグレーだ」
という感じ。

「反対の物事というのは、どちらか一方しか選べない」ってデジタル的だ。
「反対の物事というのは、反比例している」はアナログ的っスね。

「反対の物事」は、これでまとまったかな?

たとえば
「善」と「悪」
天使と悪魔の綱引き。綱引きってことは反比例だね。
    ・
    ・
    ・
ホントに?


さて、
「2軸を交差させて4つに割れ!」

今回は締め、跳躍編です。跳びます。

一見、1本の軸。
 善---悪
この1本の軸を、割り箸を割るように「パキッ」と。
軸を割る
このそれぞれの軸は、属性が1つなので、両端は、程度の大小になる。
で、2本になった軸を交差させる。
4分割図(6)
「善を成すために悪のチカラを使う」
なんか、ドラマにでてくる「あくどい刑事」みたいな感じっスねー。

ま、天使と悪魔は、常に綱引きするわけじゃなく、
共闘することもある、というわけです。


もうひとつ。

オレとあいつのイス取りゲームだ!
「オレさえ座れればいい」「あいつが座れないのはかわいそうだ、譲ろう」
 利己----利他
という1本の軸。これを「パキッ」と。そして交差。
4分割図(7)
「オレもあいつも上手くいく」
オレもあいつも座れるように考える。それは可能だ、ということです。

古くは「損して得取れ」
最近ではもっとストレートに「ウィン-ウィン」などといいますね。

利己と利他は、反比例するモノではない、ということです。


「反対の物事というのは、どちらか一方しか選べない」とは限らない。
「反対の物事というのは、反比例している」とは限らない。
一見、綱引きの両極にみえることも、両方同時に使うことができる場合がある。と。

黒魔法も白魔法も使える、「賢者」みたいっスね!

両極だと思われる2つの物事も、それぞれの軸に分けられることがある。
それらを交差させて4つに割れッ!


  ***   ***   ***


さて、
ここまでいろんなことを4つに割ってきました。

(1)「隠された軸を俯瞰で見い出し、2軸を交差させて4つに割れッ!」

(2)「似たような2軸も、見る角度を変えて見れば、同方向ではないので
    交差させて4つに割れッ!」

(3)「両極だと思われる2つの物事も、それぞれの軸に分けられることがある。
    それらを交差させて4つに割れッ!」
 
もはや、「この世に、4つに割れないモノはないッ!」という感じです(笑)。



「○○とは、こういうものだ」というのは、凝り固まった先入観かもしれないぜ?
「●●は、こうに決まってる」というのは、誰かの決め付けかもしれないぜ!

ありのままの世界を見たいなら、「2軸を交差させて4つに割れ!」ですぜッ!

コメント
書き込みはこちらから。








管理人のみ閲覧OK(小泉のみが見ます)

ご訪問ありがとうなのだ。
踊るとうちゃんロボ
 
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ
ようこそ! このサイトは…
マンガ家、小泉ヤスヒロのブログです。
ホーム(タイトルページ)へはこちらから。
ホーム(タイトルページ)へ
小泉ヤスヒロ

小泉ヤスヒロ

マンガ家。
切り絵工作屋。
イラストレーター。
ママチャリ男。寄り道男。
少食デーブ男。ケータイなし。

カレンダー
<< 05月 201706 07月 >>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
各月にダイレクトジャンプ   
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2010年
----- 08月 09月 10月 11月 12月

すべてのログのタイトルを表示する。

最新コメント
カテゴリ
リンク
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。