2011/09/24 【Sat】

京都「天下一品」のこと。

今日は晴れ。晴天でも涼しくなってきましたねぇ。
ラーメンの季節がやってきました!(…わざとらしいネタフリ)
『ご当地ラーメン誕生物語』よろしくお願いします。  
   

さて、
僕は京都出身なので、ご当地ラーメンと言えばやはり、
京都の『天下一品』を思い浮かべます。『天一』大好きです。
今では東京でもあちこちに店があり、いつでも食べられますが、
(僕の「ホーム天一」は、池袋店です)
昔は、京都に帰省したときの、大きなお楽しみの一つでした。

20数年前、友人に、桂店に連れていってもらったのが最初だったのですが、
食べる前に聞いた話は、
「旨い!」「けど濃くてキツい!」「スープの濃さで箸が立つ!」
「たくさん食うとキモチワルくなる!」
「でも、帰り道ではもう、また食いたくなってる!」…
…聞くだけでは何ともオソロシイ印象です。

で、実食。それはそれは、衝撃を受けました。
まぁ、友人の言葉通りだったのでした。


が、後になって、
このラーメンは、その時が初めてじゃないかも…と
古い記憶がよみがえってきました。

今から約40年前、僕の少年時代です。
一乗寺の親戚の家(ウチから遠く、僕はあまり何度も行ったことがない)に、
遊びに行ったときのことです。
叔父が、「旨いラーメン食わしたるわ」と言って、僕ら子供達を
ラーメン屋に連れていってくれたのです。

40年も経った今となっては、断片的な記憶、しかもうろ覚えですが、
その店は、昔の小学校のような、油を塗った黒い板の床、
壁も黒っぽい板張りで、テーブル…というか机も同じような黒っぽい板。
机の上には、刻んだ青ねぎが山になってて、
自由にラーメンに入れてよし、というシステムでした。
ねぎたっぷり入れて、旨かったなぁ。

あの時のラーメン、もしや『天下一品』だったんじゃないかなぁ…。今思うと。

コメント
書き込みはこちらから。








管理人のみ閲覧OK(小泉のみが見ます)

ご訪問ありがとうなのだ。
踊るとうちゃんロボ
 
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ
ようこそ! このサイトは…
マンガ家、小泉ヤスヒロのブログです。
ホーム(タイトルページ)へはこちらから。
ホーム(タイトルページ)へ
小泉ヤスヒロ

小泉ヤスヒロ

マンガ家。
切り絵工作屋。
イラストレーター。
ママチャリ男。寄り道男。
少食デーブ男。ケータイなし。

カレンダー
<< 07月 201708 09月 >>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
各月にダイレクトジャンプ   
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2010年
----- 08月 09月 10月 11月 12月

すべてのログのタイトルを表示する。

最新コメント
カテゴリ
リンク
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ