--/--/-- 【--】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/11/08 【Tue】

「上司がバカで怒ってばっかり」

会社員の友人に、「上司がバカで怒ってばっかり」なんてのをよく聞く。

僕は会社員じゃないけど、思い当たるふしはある。
たしかにエライ人はしばしば、怒ってばっかりで、話が通じないバカに見える。

かつて、誰の立場にも理解を示す「当事者たれ」を身上としていた僕は、
これは、仕事の違いの問題、かと思っていた。

担当編集だった人が編集長に出世したとたん、
全く話の通じない人になってしまった。なんてのはよくある話で。
「担当編集」は、オレと一緒に旅をする仲間だが
「編集長」は、関所の門番で、オレたちに難くせつけて通せんぼする。

そういう、仕事の違いで起こる「話が通じない現象」か、と。

「編集長は門番だから、オレたちを通さないのも仕事だ、仕方ないね」
とまぁ、彼の立場を分かったような気になっていたわけです。


でも、今の僕は「客観視もできるオールラウンダー(笑)」なので
「仕事の違いの問題」だけではない、むしろもっと簡単な理由だ、
と思っている。

「上司が怒ってばっかり」なのは「上司のほうが偉いから」です。
あらまぁ、あたりまえのことを。

名前に「上司」「部下」って上下が入ってるもんね。
もう 最初ッから、上下関係なわけです。


部下が、仕事に関して何か発言しただけで、怒る上司。

『つべこべ言うな!いいからやれッ!!』

パワハラ呼ばわりもなんのその。
部下の発言は、天秤にのることすらない。

決定権は上司が持っている。
どうせ最終的に上司が決めるのなら、話し合いという「手続き」なんか時間のムダ。
賢く忙しい人間は「手続き」なんかハショるべき。で、怒鳴る。
怒鳴れば部下は黙ります。だってコワイから。
恐怖で人を支配する方法。カリスマ気取りがよくやる手だ。

怒ってばかりの上司は、部下と話をするのが面倒なのだ。

あるいは、偉そうに怒鳴る自分に酔っているのかも。

ま、
上司がいつも、常に正しいならこれでも仕事は回る。
でも、困ったことに、いつもそうとはかぎらないっスよねぇ。

人の話に耳を貸せない人は、どんどんバカになります。
「怒ってばかりの上司」は、バカに見えるんじゃなく、バカになっているのです。
バカになっても自分を通せてしまう「仕組み」だから、
上司はますますバカになってしまうのです。

 *

さてここで、4つに割りますか。軸はこの2つ。
 上司-----部下
 偉そう---偉そうじゃない
4分割図(8)
世の中には、偉そうじゃない上司もいれば、偉そうな部下もいる、と
図は表しています。

しかし、
じつは4つに割って分かるのは「概念」だけで、その中の分布は分からないのでした。
 「偉そうな上司」と「偉そうじゃない上司」どっちが多い?
数までは分からないのです。
地図では「高低」が分からないようなもんですね。
「4つに割る」のにも、弱点があったんですね〜。 ま、それはいいや。

「偉そうじゃない上司」は、少なそうな気がしますね〜。

「偉そうにしてもOK」「他人の話を聞かなくてもOK」の立場の人が
「偉そうにしない」「他人の話を聞く」というのは、かなりの自律だと思う。


「偉そうじゃない上司」と聞いて、1人だけ思い浮かぶ人がいます。
昔、世話になった某誌の編集長。や、態度はチョー偉そうでしたよ。
でも彼は、こんなことを部下の編集者に言ったそうです。

「おまえが推すこの作品、オレは全然おもしろいと思わない。全く理解できない。
しかし、有能なおまえがそれほど推すのなら、「おもしろさ」はきっとあるのだろう。
いいだろう。連載しよう。
ただし、オレは理解できない以上、なにも言えない。なにもアドバイスできない。
責任はお前が負え。
担当であるお前が、作家とともに、毎号『これは絶対面白い』といえるところまで
練り上げろ。『責任を負う』とはそういうことだが、できるか?」

この作品は、雑誌で長期連載になりました。


「自分に理解できないものを天秤にのせて、自分が折れる」
スゴイね。これはバカには真似できないよ〜。

 *

もう何十年と連載してるようなサラリーマンマンガが
何本も何本も、未だに支持を得て続いてる、という事実があって。

あまりちゃんと読んだことはないッス。正直、食指が動かん。
でも、
「上司を飛び越して重役と、仕事以外の別件で仲良くなる」とか
「イヤな上司は、時々ギャフンと言わされる」などなど…
くらいのことは知ってる。

よーするに、
読者の「上司に対するストレス」の、発散になってるんだろう。

でもなんか、「憂さ晴らし」的なんスよねぇ。

憂さ晴らしではないモノが欲しい。
たとえば「下克上」的なこと。たとえば「革命」的なこと。
フィクションには、それくらいのことができるんじゃね?…と、思いまーす。

スポンサーサイト
2016/07/30 【Sat】

客観。(まとめ)

「『4つに割れ4つに割れ』って、このオッサンは何を言ってるんだ?」
というわけで、まとめます。


「客観的に見てみろッ!」とかいわれても、どうすればいい?

ホントに肉眼で、俯瞰で見れるものなら、見ればいいんです。

ところで、我々は「この世で一番、客観的なモノ」を知っている。
「それ」は皆、とても頻繁に利用し、恩恵を受けているモノだ。
このブログにも、「それ」についてのネタを、もうずいぶん前に書いてた

それは、「地図」です。
およそこの世で一番客観的なモノは、正確な地図なんじゃないか?

「客観的に見る」というのは「地図を見る」ようなことだ。


でも、
考え、概念といった肉眼では見えないものを、客観的に見るにはどうしたらいいの?

そんなときに「4つに割れ」ばいいのです。
隠されたモノも、似たようなモノも、反対のモノも、なにもかも「4つに割れ」!

「4つに割れ」というのは「地図を描く」ようなことだ。

4つに割った結果、見える景色は、ずいぶん見晴しがいいと思います。
僕は、とっても自由になった気がします。



かつて、「当事者であれ」を身上としていた僕は、いつしか当事者意識をこじらせ、
こうなった。

当事者として、何でも我が事のように考えることばかりしていると
誰の話にも感情移入するようになる。
「あいつが嘘つきなら、オレだってそうさ」
「あいつがクズなら、オレのほうがもっと…」
   ・
   ・
   ・
で、誰にでも、どの立場にも理解を示し、
結局、曖昧模糊、八方美人、立ち位置不明に陥ってしまう。

    (当事者と傍観者、ではなく…

この文を書きながら、我ながらちょっと不思議に感じたのは、
「当事者であることを強く意識すること」=「オレが!オレの!オレを!オレはッ!」
と、「オレオレうるさい人」になりそうなものなのに、
そうではなく「曖昧模糊、八方美人、立ち位置不明」になってしまう、という事実。

相手にも「当事者性」があって、それを理解しようと
そこに「自分の当事者性」を重ねてしまうってことかな。う〜ん………。

でも、逆に、自分をホントにちゃんと「客観視」できれば、
自分と他人の違いを、クッキリと見ることができるだろう。
「自分のスウィングを撮ったビデオを観るアマゴルファー」のごとく。
「客観視」のほうが「オレ」を実感できるという事実。これ面白いね。


さらに、こじれた当事者意識にはこんな症状が。

●感情過敏の「おセンチ」になっていた。
  「天使」は、僕の感傷が見たマボロシでした。「天使」は、居ませんでした。
  「天使」に見えた人は、クソのようなクズ野郎でした。

●「現状に納得いかない」というのは、卑怯な考えだと思っていた。
  「現状」は、当事者が招いた結果。だから受け入れなければならない。
   さらに、「現状」に意味を見い出さなければならない、と思っていました。

●「自分」をとても窮屈に感じていた。
  「自分なんて檻じゃね?」とは、まさにそういうことだろう。
   まさに「当事者の閉塞」!!

「天使と檻」から4年っスか。

「当事者の閉塞を、客観で打開しよう」
「4つに割る」ことで、窮屈な感じがずいぶん消えました。


『「客観」(まとめ)』のハズが、『「この数年間の僕」のまとめ』に
なってしまいました。まぁいいでしょう。


さて、
「客観ってなに?」の答え、辞書ではこんな↓感じ。
『当事者ではなく、第三者の立場から観察し、考えること。また、その考え。』
まぁ、そーですね。わざわざここに書くまでもないことか。


では、僕がここに書いてみるべき。と思うことは、こんな↓感じかな。

「客観」で得られるもの、「客観」側にいるもの、ナドナド
まとめて「客観チーム」として、書き連ねることにします。

「客観チーム」
  ウィニングイレブン。
  冷静。クール。「まぁ落ち着こうや」
  ありのまま。
  選択肢が増える。
  なにをするのも自由。
  ここじゃなくていい。どこへでも行ける。
  広がっていく。ズームアウト。
  ロングショット。状況説明。
  「自分と他人は違う」

ってことは、

「主観チーム」
  リベログランデ。
  激アツ。ホット。「気合い入れていくぜ!」
  思うまま。
  選択肢を絞り込む。選択する。
  これが私の生きる道。
  ここしかない。ここで生きる。
  集中する。ズームイン。
  アップショット。感情表現。
  「あいつだってオレと同じ」

ってことだ。

うむ。やっぱり「客観」と「主観」はセット、片寄っちゃダメだ。
どちらかに片寄ると、こじらせるよ〜。

「客観」と「主観」は、両輪なのだ。
というワケで、この両輪駆動で、新たなる出発ーーーッ!
2016/07/27 【Wed】

4つに割れ!(跳躍編)

「反対の物事というのは、どちらか一方しか選べない」

たとえば、「右」と「左」。観念的な意味ではなく文字通り、方向としての「左右」。
ある物体が「右」か「左」どちらに傾いているか、という質問なら
どちらかしかない。どっちにも同時に傾くことはできない。ま、あたりまえ。


あるいは、
「反対の物事というのは、反比例している」

反対の物事を、「A」と「B 」としたら
 Aが80%ならBは20%
 Aが40%ならBは60%
というように、Aが増えればBは減る。綱引きのように反比例している。と。

あ、ここでいう反比例ってのは、あくまで国語的な表現っス。
Aが増えればBは減る、A+B=100 つまり A=-B+100
この式は算数的には「係数が負の1次関数」っスね。
でも、「反対の物事というのは、係数が負の1次関数だ」
とかいっても分かりにくいっスよね。だからここは国語的に「反比例」で。

「反対の物事というのは、反比例している」
いいかえれば、
「反対の物事というのは、混ぜることができる。その比率は綱引き的だ」
よーするに「中間」があるってことです。

たとえば「白」と「黒」。これは色の話でも比喩の話でも成立する。
「白80%黒20%の灰色」
「あいつの行為は限りなくクロに近いグレーだ」
という感じ。

「反対の物事というのは、どちらか一方しか選べない」ってデジタル的だ。
「反対の物事というのは、反比例している」はアナログ的っスね。

「反対の物事」は、これでまとまったかな?

たとえば
「善」と「悪」
天使と悪魔の綱引き。綱引きってことは反比例だね。
    ・
    ・
    ・
ホントに?


さて、
「2軸を交差させて4つに割れ!」

今回は締め、跳躍編です。跳びます。

一見、1本の軸。
 善---悪
この1本の軸を、割り箸を割るように「パキッ」と。
軸を割る
このそれぞれの軸は、属性が1つなので、両端は、程度の大小になる。
で、2本になった軸を交差させる。
4分割図(6)
「善を成すために悪のチカラを使う」
なんか、ドラマにでてくる「あくどい刑事」みたいな感じっスねー。

ま、天使と悪魔は、常に綱引きするわけじゃなく、
共闘することもある、というわけです。


もうひとつ。

オレとあいつのイス取りゲームだ!
「オレさえ座れればいい」「あいつが座れないのはかわいそうだ、譲ろう」
 利己----利他
という1本の軸。これを「パキッ」と。そして交差。
4分割図(7)
「オレもあいつも上手くいく」
オレもあいつも座れるように考える。それは可能だ、ということです。

古くは「損して得取れ」
最近ではもっとストレートに「ウィン-ウィン」などといいますね。

利己と利他は、反比例するモノではない、ということです。


「反対の物事というのは、どちらか一方しか選べない」とは限らない。
「反対の物事というのは、反比例している」とは限らない。
一見、綱引きの両極にみえることも、両方同時に使うことができる場合がある。と。

黒魔法も白魔法も使える、「賢者」みたいっスね!

両極だと思われる2つの物事も、それぞれの軸に分けられることがある。
それらを交差させて4つに割れッ!


  ***   ***   ***


さて、
ここまでいろんなことを4つに割ってきました。

(1)「隠された軸を俯瞰で見い出し、2軸を交差させて4つに割れッ!」

(2)「似たような2軸も、見る角度を変えて見れば、同方向ではないので
    交差させて4つに割れッ!」

(3)「両極だと思われる2つの物事も、それぞれの軸に分けられることがある。
    それらを交差させて4つに割れッ!」
 
もはや、「この世に、4つに割れないモノはないッ!」という感じです(笑)。



「○○とは、こういうものだ」というのは、凝り固まった先入観かもしれないぜ?
「●●は、こうに決まってる」というのは、誰かの決め付けかもしれないぜ!

ありのままの世界を見たいなら、「2軸を交差させて4つに割れ!」ですぜッ!

2016/07/14 【Thu】

4つに割れ!(応用編)

「2軸を交差させて4つに割れ!」
さて、今回は応用編です。用法を拡張します。

一見、同方向に見える2軸、たとえばこんなの。
   男-----女
   おじさん---おばさん
どう見ても同方向です。俯瞰で見ても平行。
シーソー俯瞰


ところが、これは2台のシーソーで、一方のシーソーは揺れています。
横から見ると、交差する瞬間があるのです!
シーソー


で、そこをとらえたのが、コレ↓。
シーソー的4分割


さらに整理して、ドン!
4分割図(2)

なにこれ?「オネェ」とか「オカマ」の話?
いえいえ、もっと広くいきましょう。

「男のおばさん」っていると思わない?オカマとかじゃなくて。
「女のおじさん」って、たしかにいるよ!いるいる(笑)。

交差の瞬間をとらえることで、
「おじさん」「おばさん」というのは性別のみならず、
ある状態、ある概念、ある設定、だと理解するのだ。
言葉は、思ったより広義だ、意味は揺れるのだ。と。


「同方向と思われる、似たような2軸も、『揺れ』で交差する」

あるいは、
「似たような2軸も、見る角度を変えて見れば、同方向ではない」
これも応用編に入れちゃいましょう。

    優しい---厳しい
    親切---不親切
4分割図(3)
    放任は「優しい不親切」、スパルタとは「厳しい親切」。



    天才---バカ
    物知り---無知
4分割図(4)
    「物知りバカ」ってたしかにいる!つまらんヤツなんだ。



    美---醜
    豪華---質素
4分割図(5)
    「侘び」の対極が「成り金趣味」、ふむふむ。


まだまだいーーっぱいある。
きりがないのでこの辺にしておきますが、
似たような2軸も、別の意味を持っている時があって、
見る角度を変えてみれば、くっきりとそれが現れてくる。

似たものの交差には、繊細な味わいがあるじゃないか。
そして、どれもちょっぴり含蓄があるじゃないか。

見る角度や条件により成立するので、
学者チックに「特殊客観」とでも名付けてみたり。


「見る角度を変えろ」なんて、よくいわれる説教だが
どうやればいいんだ?

なんてときは、まずとにかく「2軸を交差させて4つに割れ!」なのです。

2016/06/30 【Thu】

4つに割れ!(基本編)

「若い人と老人、どっちが傲慢だと思う?」という質問があって。

『そりゃ若いモンに決まってるだろ!生意気なくそガキどもがぁ!』
『じいさんのほうが傲慢!「敬え」というあの態度!』

てな感じで両陣営の罵りあいはヒート必至!なワケです。

僕は『じいさんのほうが傲慢!』に強く、強く、強く乗っかりたい!
「じいさんなんて気分屋で権力指向で暴力的なゴーマン野郎だッ!!」…ハァハァ。

…とまぁ「ハァハァ」してしまうような事態に陥るわけです。
「ハァハァ」なんて、冷静さを欠くにもホドがある。

ここで僕が『じいさんのほうが傲慢!』の根拠にしてるのは
たった1人のじいさんだったりします。あのくそジジイ!G!

「若い人と老人、どっちが傲慢だと思う?」の答になってませんね。


ん?

…まてよ、
この質問は「若い人と老人、どっちが一般的に傲慢だと思う?」という意味だから
感情で答えたらダメだね、なんて言ってるけど、ホント?

「若い人と老人、どっちが一般的に傲慢だと思う?」

さて、また類似品の登場だ。「一般的」だってさ。
「一般的」ってなんだ?

ま、フツーに考えたら「普通」って意味かな。

「一般」の反対語は「特殊」っスね。
これ、学問チックな界隈では、
「特殊」は、「ある条件においてしか成立しない」
「一般」は、「どんな条件であっても成立する」
という意味らしいっス。

学者が「一般的に」なんて言う時は
たくさんのデータをとって、それらがほぼ全て同じ結果となる場合でしょうね。

フツーの人が「一般的に」なんて言う時、たとえば
「老人は一般的に傲慢だね」なんて言ったとしたら、それは
「老人は傲慢だってみんな言ってるよ」って意味だったり、あるいは
「オレの感覚で言えば、老人は傲慢だ」だったりする。
ほとんど根拠ないものです。

「一般的」ってのは、忘れていいようなものです。(笑)
なので忘れましょう。「一般的」についてはこれでオシマイ。


では、あらためて
「若い人と老人、どっちが傲慢だと思う?」

……答えなくていいですよ。
この質問そのものが、まやかしなのだ。

「若い人と老人、どっちが傲慢だと思う?」という質問は、フツーの人にとって
「あなたの知り合いで傲慢な人は、若い人と老人どっちが多い?」
って聞いているのと同じだろう。
となると、回答者それぞれが、知人のゴーマン野郎を思い出し
「ヤングだよ!」「いやジジィだ!」と憤慨する。
回答者は2極化し、お互い罵りあう事態だ。

コレこそが質問者の思うツボ!
「このテの質問には正解なんか、ない。
だが、2つの陣営に別れてケンカするだろ?そこが面白いんじゃないか!」
ってね。テレビがよくやるギミック。2択の罠。
これ、議論じゃないよ。
これがギミックだって分かってて、「面白いから乗っかる」ならまぁいいが、
議論してるつもりになったらダメですぜ。


こういう2択は山ほどあって。

「イケメンとブサメン、どっちがいい人?」

『ブサメンは性格も歪んでるからイヤなやつが多いよ』
『イケメンにいい人なんかいるわけないだろッ!!!!』

僕は『イケメンにいいヤツいない』に強く、強く、強く乗っかりたい!…ハァハァ。

とまぁ、キリがないんですが。


質問者のまやかしは、
2つの「軸」をわざと(あるいは気付かずに)混同している。という点にある。

この質問フィールドを客席から見れば、こうなってるのだ。

4分割図(1)
「若い人---老人」の、x軸
「傲慢---謙虚」の、y軸

2つの軸は、同一方向ではなく、交差してることが一目で見えるのです。
コレが「客観」!

4つに割れてるんです。なんというミもフタもない!

「若い人と老人、どっちが傲慢だと思う?」の答えは
『どっちにも傲慢な人がいて、どっちにも謙虚な人がいる』

あたりまえすぎてシラケてしまいそうな。
盛り上がってヒートしてるひとたちに、「頭を冷やせ」というような。

「客観」ってのは極めて冷静な態度、冷たいチカラなのです。


あやしげな2択を迫られたら、ちょっと客観してみる。
どうやって?

2軸を交差させて4つに割れ!
ご訪問ありがとうなのだ。
踊るとうちゃんロボ
古いログへ 
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ
ようこそ! このサイトは…
マンガ家、小泉ヤスヒロのブログです。
ホーム(タイトルページ)へはこちらから。
ホーム(タイトルページ)へ
小泉ヤスヒロ

小泉ヤスヒロ

マンガ家。
切り絵工作屋。
イラストレーター。
ママチャリ男。寄り道男。
少食デーブ男。ケータイなし。

カレンダー
<< 04月 201705 06月 >>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
各月にダイレクトジャンプ   
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2010年
----- 08月 09月 10月 11月 12月

すべてのログのタイトルを表示する。

最新コメント
カテゴリ
リンク
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。