--/--/-- 【--】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/09 【Mon】

「天使」を、追う。(後編)

考えてるときは、いろんなコトガラ同士がサクッと繋がっていくんですが、
いざ、字に書こうとすると、メンドくさい。まどろっこしい。クドい。
なんてことになりがちです。てか、なってますねぇ。
ま、いきます。


「何にも捕われていない状態」「赤ん坊」
このへんから続ける、って書きましたが、このへんはサラッといきます。
メンドウなわりに、ありきたりなので。

「何にも捕われていない状態」「赤ん坊」ってことは
ようするに「純粋」「無垢」ってことです。
「無分別」ってことでもあります。
まだ「自他」、「善悪」、「正誤」の別もない、ってことです。

「天使」、けっこう危ういです。(ああ、ありきたり)


さて、
「自分のイメージ」
やっぱりココを掘ります。

「自分のイメージ」は、「自分らしく」といいかえてもイイです。

「自分のイメージ」ってのは、自分にとって、とても大事なものです。
「自分らしく」なければ、自分が自分じゃなくなりそうです。

で、「自分のイメージ」なんて「檻」だって、前に言いました。
じゃ、「自分らしく」も「檻」です。

  *

誰が何を話していても、「オレが、オレは、オレの…」と
「オレ話」に持ってく人がいます。
「『オレオレ』とうるせェし、なんか気持ちワルイなぁ」
と、思います。

逆に、ほとんど自分の話をしない人がいます。
結局、どんな人か分からなかったりします。

人は、
「自分」というものを「分かってくれ」と言ったり
「あなたには、私のことを知って欲しくない」と思ったりします。
どっちもつまりは「自分」が大事だから。

  *

ここらで一気に詰めますが、

「自分」って「檻」じゃね?

と、僕は言いたがっているのです!
ああ、これヤバい。オモシロい!


天使はきっとこう言うのです。
『天使になりたきゃ、まず自分なんか捨てておいで!』
(なんか「杜子春」っぽいな~)


「天使になろう」って言ったけど、なれないや。
「自分」という「檻」からはゼッタイに出られないから…。

人として、
自分という「檻」を、時にキュウクツに感じながら、
自分を生きていく………それしかないや。


さて。
フィクションならば「天使」になれます。
でも、ただの「天使」じゃ面白くなさそうです。
面白いのはいつも、境界線のあたり。
ん?境界線?
…ココから先はまだナイショ。ってことで!
スポンサーサイト
2012/07/07 【Sat】

「天使」を、追う。(前編)

リアル人物である「天使みたいなオジサン」から
フィクションキャラ「オジサン天使」への道中。
その途中を、記していこうと思います。
「僕の備忘録として」が、理由その1。
そして、
「途中記って、案外面白いかも。試す価値あり」が、理由その2、です。

ルールは2つ。
「間違ってもかまわない」
「短絡的に、安易な結論にすがらない」

では、いきます。

     *

バイト先のGさんは、「天使」を感じさせる爺さんなんですが、
時々、人生訓みたいなことを言います。

でね、「人生訓」って、たいていの場合あまり面白くないのです。
よほどの新味、意外性なんかがないと、「それ、どっかで聞いた」ってなります。
Gさんには申し訳ないですが、Gさんの「人生訓」、ありきたりです。

じゃ、どんな時「天使」を感じるのか、といいますと、
たとえばこんな会話。

G:『オレの髪はゴマ塩だからな~。いっそ真っ白になんねぇかな。
   コーラで髪、洗おうかな!』
僕:「コーラで髪を洗うと、真っ白になるんスか?」
G:『知らねェ!』

字だけじゃ伝わりにくいんですが、この『知らねェ!』がスゴイんですよ。
会心の笑みで『知らねェ!』
じゃあ、3秒前に自分が言った『コーラで髪、洗おうかな!』ってのは、何?(笑)
無責任きわまりない!チョ-いいかげん!(笑)
(この『知らねェ!』は、しばらくの間、僕の流行語でした)

でも、言い方を変えれば、
自分が今、言ったことにまったく縛られない。
自分が今、言ったことからも「自由」だ。
と、言えなくもないワケで。

天使は、いかなる「檻」にも入らないのです。

     *

一方、「スゴい人」はどうでしょ。

前は、「スゴい人」と「天使」を対比しようとして、うまく出来なかったんですが
対比すること自体は、そう間違いじゃなさそうです。

「スゴい人じゃなきゃ、意味がない」という「檻」って、前に書いたけど、
コレって、いい代えれば「スゴい人と思われたい」っていう、
他人に期待する「自分のイメージ」でもあるワケで。

一般化して、
「○○な人じゃなきゃ、意味がない」
としましょう。

さて、
「○○な人じゃなきゃ、意味がない」=「檻」 (a=a')
「○○な人と思われたい」=「自分のイメージ」(b=b')
「○○な人じゃなきゃ、意味がない」=「○○な人と思われたい」 (a=b)
であるならば…

「自分のイメージ」=「檻」 (b'=a')

ってことですよ。…うあぁ、なんてこった!

「イイ人と思われたい」なんてのは、「檻」だって言ってるのです。
「私は○○なキャラだから…」なんてのは、「檻」だって言ってるのです!

「檻」なんてところからは、サッサと出たほうがイイです。
が、
この「檻」、出るのはなかなかタイヘンですゼ。…至難のワザ!?

     *

「天使」に戻ります。
天使は、いかなる「檻」にも入らないのです。
もちろん「自分のイメージ」という「檻」にも。

ああ、そうです。コレは実感。
僕がリアルオジサン達に「天使」を感じるのは、
オジサン達が、「自分のイメージ」などに、まったく捕われていないときです。

そして、内容の意味なんかない。だから「温度」だけが伝わるのです。
「人生訓」なんてのは、「天使」から最も遠いのです。

重要なのは、「会心の笑み」と「何にも捕われていない状態」…きっとこっち。

ああ、これってアレに似てる。『赤ん坊』!
って、だからぁ天使の姿って、本来は赤ん坊なんじゃないかぁ~ッ。



さて、以下次回です。
「何にも捕われていない状態」「赤ん坊」
このへんから(の予定)。
2012/06/17 【Sun】

ゴッチャ。

14日、15日とグダグダと考えたワケですが、
結論っぽい感じになっても、まだ「やっぱり全然違うわ」ということは、
僕の場合、よくあります。


さて、整理します。

僕が今、「考えていること」は、思いつきの「天使」のことです。
これをほじったり、何かに近付けたりして、
「天使」の姿をよりクッキリさせよう、という魂胆です。
何のために?って、そりゃあ…マンガ家ですからね~。

僕が今、「気にしていること」は、「Aさん」たちのことです。
『「Aさん」たちに対して、僕が直接できることは、ない』
このことを、なかなか受け入れられずにオロオロしてますが…
結局、僕にできるのは
「信じる」「待つ」「祈る」といった、直接的じゃないことばかりなのだ、
と、覚悟します。


僕は、「考えていること」と「気にしていること」をゴッチャにしてるんですね。
で、
モロモロをゴッチャにしてしまうのが、ココロというやつです。
はぁ、胸が痛いっス。


16日、
旧友の文学博士と一緒に、某大学で行われた科学者の会合の、
「自由意志の現在」というシンポジウムに潜入(?)してきました。

物理学者と哲学者がそれぞれの立場から「自由意志」を語る!
とまぁ、とても面白そうなテーマなんですが…………
学者の話は、僕にはやっぱり難しかった(笑)。


「モロモロをゴッチャにしてしまうのが、ココロというやつです」ってことはサ、
ココロというやつは、かなり怪しいヤツだってことだゼ?
マンガ家である僕は、↑こんな感じのことを面白がるのです。

2012/06/15 【Fri】

「 The way of the angel.」じゃなかったッス。ああグダグダ。

前回のエントリ、「 The way of the angel.」についてです。

英語の堪能な弟に、
「『 hope 』と『 must 』は対応してない。
その上に、意味、使い方も、言いたいことと違うニュアンスだ」
と、突っ込まれました。

うぐぐ。英語でエエカッコしようとするから、そうなる。

『 希望 』が、いつの間にか、『 義務 』になっています。
って日本語で書けばいいのに…


さらに、今日あらためて考えてみると、
文をまとめようとして、流してしまっているところがあります。
ここからグダグダと上書きしようと思います。

>>「スゴイ人」という「強み」であるはずのものが、
>>「スゴイ人でなければならない」と言ったとたん、
>>「弱み」になっている気がします。
>>それに、とても窮屈な感じです。『 must 』の檻!
>>しかも、その檻にAさんを閉じ込めたのは、Aさん自身です。


とても窮屈な感のある、檻!
それは、じつは殻、鎧でもあって、自衛のためでもあったりするのでは?
だからこそ、なかなか脱げない。出られない。


>>天使はいつも、檻の外に居ます。
>>その手には『 hope 』だけを持ち、弱々しい背中をさらして立っています。
>>そしてその姿は、弱々しい背中をさらして立つ「強さ」に満ちているのです。


ああ、これはコジツケだわ。
これは「天使」の話じゃない。「天使」の話にしたかっただけ。
「 The way of the angel.」って言いたかっただけ。んも~~ッ!

まず、自らを閉じ込めた檻を出よう。
その手には『 希望 』だけを持ち、弱々しい背中をさらして立とう。
その姿は、弱々しい背中をさらして立つ「強さ」に満ちているはずだから。

ああ、こうだわ。やっぱこれ「天使」の話じゃない。「天使」出番なし。

「天使」って、こう、もっと「イイカゲン」なのよ。
「天使」はまだ、ここにはくっついてなかったッス。

     *

今日、弟と、新しい遊び、実験を始めました。
ひょっとしたらコレ、船出かも。
2012/06/14 【Thu】

The way of the angel.

「やさしい人になりたい。皆に親切でありたい」
「賢くなりたい。クラスで成績1番になりたい」
「絵が、上手くなりたい」

といったような望み、まとめると
「スゴイ人になりたい」
という望みをかなえようと、
「スゴイ人」への道を歩き出した人、Aさんでいきましょう。
いろいろ鍛えて、Aさんは「スゴイ人」になっていきます。
そしてとうとうAさんは、自他ともに認める「スゴイ人」になりました。パチパチ!
…で話が終わればメデタシメデタシなんですが、終わりません。

自他ともに認める「やさしい人」「賢い人」「上手い人」………
皆、Aさんに期待し、Aさんもまたそれに答えようとします。

そして、いつの間にか
「やさしい人でなければならない。皆に親切でなければならない」
「賢くなければならない。クラスで成績1番でなければならない」
「絵が上手くなければならない」
つまり
「スゴイ人でなければならない」
となっていきます。Aさんの中でです。
「スゴイ人」という資格。
資格がないと、ダメ。という世界。

『 hope 』が、いつの間にか、『 must 』になっています。

コレって、「スゴイ度合い」が高ければ高いほど、その傾向にあると思いませんか?
優秀な人ほど、大きな『 must 』を抱えているように見えます。

「スゴイ人」という「強み」であるはずのものが、
「スゴイ人でなければならない」と言ったとたん、「弱み」になっている気がします。
それに、とても窮屈な感じです。『 must 』の檻!
しかも、その檻にAさんを閉じ込めたのは、Aさん自身です。


Aさんたちよ、「スゴイ人」たちよ。
どうか、どうか『 must 』の檻に捕われるな。
どこまで「スゴイ人」になろうとも、自らを檻に入れることなく
その手には『 hope 』を!

まず、自らを閉じ込めた檻を出よう。

天使はいつも、檻の外に居ます。
その手には『 hope 』だけを持ち、弱々しい背中をさらして立っています。
そしてその姿は、弱々しい背中をさらして立つ「強さ」に満ちているのです。

ご訪問ありがとうなのだ。
踊るとうちゃんロボ
古いログへ 
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ
ようこそ! このサイトは…
マンガ家、小泉ヤスヒロのブログです。
ホーム(タイトルページ)へはこちらから。
ホーム(タイトルページ)へ
小泉ヤスヒロ

小泉ヤスヒロ

マンガ家。
切り絵工作屋。
イラストレーター。
ママチャリ男。寄り道男。
少食デーブ男。ケータイなし。

カレンダー
<< 09月 201710 11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
各月にダイレクトジャンプ   
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月

2010年
----- 08月 09月 10月 11月 12月

すべてのログのタイトルを表示する。

最新コメント
カテゴリ
リンク
このページのいちばん上へ  ホーム(タイトルページ)へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。